GGPokerはマン島が発行するライセンスの下で運営されます。

GGPokerは本日、2021年1月12日をもって、ギャンブルライセンスをキュラソー島からマン島に切り替えると発表しました。この移行はプレイヤーにとって有益なのでしょうか?

GGPoker マン島ギャンブル監督委員会よりライセンス取得

今日までGGPokerは、最も人気のあるギャンブル市場の一つでありながら、主に規制機関を持たないために評判の良くないキュラソーのライセンスで運営されてきました。

2021年1月12日からは、GGPokerはマン島が発行するライセンスで運営されます。

すでにマン島政府の公式ウェブサイトを確認したところ、以下のような情報がありました。

●オンラインライセンシー GGインターナショナル・リミテッド
●OGRAライセンスの種類 ネットワークサービス
●ウェブサイト: www.ggpoker.com

同じライセンスを使用している他の有名なポーカールームには、リアルマネーポーカーのアプリであるKKPokerやPokerStars.netが挙げられます。

なぜGGPokerはライセンスを変更したのですか?

マン島のギャンブルライセンスはGGPokerにとっていくつかの利点があります。

税金が安く、マン島では0.1%から(4000万ポンド以上の利益)、2000万ポンドまでは1.5%の課金です。キュラソーは一律2%です。
マン島は英連邦のホワイトリストに含まれており、英国での地位の強化に貢献しています。
キュラソー島は、ギャンブルライセンスにいくつかの変更を加え、税制を変更しましたが、最も重要なのは、オペレータが国内の法律を遵守するように求めていることを忘れてはなりません。GGNetworkがアジアなどいくつかのグレーマーケットで運営されていることを思い出してください。

全体として、GGPokerはギャンブルライセンスをマン島に変更することで信頼性を獲得し、おそらく税金の節約になり、より良いプロモーションを行うことができるでしょう。

ライセンス変更はプレイヤーにどのような影響を与えますか?

前に説明したように、キュラソーのライセンスは、オペレーターを監督する規制機関がなかったため、プレーヤーにとって有益ではありませんでした。マン島賭博委員会(Isle of Man Gambling Commission)の方が評判が良く、責任あるゲームを目指しており、プレイヤー保護も万全です。最後の点は、プレイヤーとポーカールームの間で紛争が発生した場合に非常に重要である。

プレスリリースによると、プレイヤーは新しい利用規約を受け入れ(ポップアップウィンドウ)、KYCドキュメントを送信していない場合はそれを提出するだけでよいとのことです。

次の月では、ライセンスの変更のために他のどのような変更が発生するか、おそらくサイトが新しい規制要件に準拠するためにいくつかのグレーマーケットを残す必要がありますを参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です